読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山猫さんは、ゲームがないと生きていけない。

ゲームと共に生きてきたワシが、好きなゲームについてひたすら語るだけの日記

DA:O 〇週目の日記 04 サークル前編

DA:O

迷ったけど サークルタワーにきてみた 前編

 

 

シナリオ

主人公が旅立ってしばらく後、サークルで大事件が発生してしまい、悪魔に悪鬼で大量に死人が発生し、塔はどうにもならないので封印というか封鎖。サークルの解散権が認められるのを待っている状態というとんでもない状態になっております。

 

サークルをどうするか、というのが主人公の選択になるのですが。。。

 

今回の主人公はサークル出身でありつつ サークル嫌い。
主人公の脳内RP性格設定はこちら。

サークル嫌いの背教者寄り
テンプラー嫌い
ブラッドマジック容認 魔法は呪いじゃない!
強気でシニカル、ジョー好き
無意味な殺戮はしないが、必要ならば殺す

 

こんな人格だと、サークルをどう処理するのか非常に迷います。
育ったサークルは故郷でもあるが、一方で憎くもある。
しかし閉じ込められた魔道士には罪はないし、
生き残っている人がいるなら助けるべき。…となるでしょう。

 

でもなんか素直に助けたくない・・・
よし、筆頭魔道士は見殺しだ。

 

 

 

サークルと解散権 DA2より回想

解散権なんて昔は気にもしませんでしたが、DA2をプレイしてからこれってとんでもないことなんだなと分かるようになりました。コーデックスによると過去にサークル解散権が発動されたのは17回。そういえばカークウォールの騎士団長メレディスも「ブラッドメイジガー!解散権ガー!」と言っておりました。

 

これが認められるとサークルの魔道士はテンプラーの判断でアレコレできるようになってしまうわけで、、、この現状ですとブラッドメイジの疑いがある!と問答無用で皆殺しでしょうか、良くて静者か。

 

 

もし主人公の裁量で解散権行使を前提とした攻略をしていった場合、かなりの大事件になるのでしょう。(もし解散権が行使されたとしてもあまりほかの作品でこの出来事に関しては殆ど触れられません、DAIでカレンがちらっと触れますか)

 

テンプラー団長グレゴーの判断

f:id:yamaneko_Q:20170202203050j:plain

 オリジンクエストでは全面的にジョワン寄りでクリアしています。
お互い嫌いあってるものの、社交辞令をかわしつつ。
(ジョワンについて軽く触れられたり)

 

メレディスのように「マドウシガー」と怒り狂わず、冷静。
「大事なのは一般市民であり、彼らを守るのが一番」との弁。
テンプラーの鏡じゃないですか。
すごい、グレゴーさん格好いい、惚れる。

 

いやまじメレディスと違いすぎて惚れるわこれ。
彼女なら解散権が認められる前から魔道士全員ぶっころしてそうだ。

 

 

主人公もテンプラー嫌いではありますが、こんな紳士なグレゴーさんの話を聞いたら「テンプラーガー」と言えません、冷静に対応し、中に入ることを認めてもらいます。

 

 サークル内部へ突入

 

f:id:yamaneko_Q:20170202210224j:plain

 塔を少し進むと、生き残りを守っている魔道士のウィン婆さんという人物が居るわけです。最初の方の選択肢からして既にカオスになっていますが

  1. サークルの生き残りを助け、筆頭魔道士アーヴィングを助ける
  2. 解散権を支持して魔道士を皆殺しにする

 

 このどちらかを会話で決定する必要があります。

この主人公ウォーデンの性格から、魔道士皆殺しはしないだろうということで、ウィンとの共闘ルートを選択しました。

 次の記事に続きます。

 

・・・が!

 

[閑話休題] VS ウィン FIGHT!

 

サークル出身の魔道士だとこの会話がなかなか面白い。
オートセーブから何回かやりなおしてみました。

 

魔道士皆殺しに賛成する選択をしていくと、ウィンが「あんたここ出身の魔道士なのに何言ってんの?!」と怒り、アリスターとレリアナを連れていたので彼ら二人して「やべえよやめろよ」と静止してきます。連れていたスタンは完全沈黙です。

 

 

ウィンとのやりとりは主人公のセリフが面白く、選びごたえがあります。
(実際に戦闘に入るまで何回か問答があります)

f:id:yamaneko_Q:20170202211624j:plain

 ゲームの画面上は棒立ちの主人公ですが、相当まくし立てて身振り手振りで煽りながら喋ってそうな雰囲気の有るセリフです。漫画だと完全に悪役。

 

上の上にあるSSの
2.手伝いはしたくない。ここが焼き払われるのを見たい

から過激になっていきます。

 

アリスター
待って!彼女を攻撃するなんてできない!彼女は子供たちを守っているだけだ。警戒するべき相手は彼女ではない!

レリアナ:
アリスターの言う通りよ!彼女は悪い人には見えない。それに塔を良く知っているわ。

 

二人が「おいやめろよ!」と止めに入ります。

 

これに対する主人公の選択肢に笑いがwwwww

f:id:yamaneko_Q:20170202212428j:plain

意見を聞いた覚えはないんだが で続行
4.黙って戦闘態勢を取れ→即戦闘
3.意見を聞いた覚えはないんだが→会話続く

 

ていうか「意見を聞いた覚えはないんだが」なんて どんだけワンマンなPTLなんだ主人公wwwwww笑っちゃうじゃないかwwwwwww

 


3.意見を言った覚えはないんだが
アリスター2度目の静止。

f:id:yamaneko_Q:20170202211410j:plain

 

皆殺ししても好感度下がるの2とか3やろ、ふんふん。
アリスター-5 レリアナ-3でした!)

 

 ウィンを殺すと、コーデックスに「主人公に殺された」と文章が刻まれます。
ワンマンな殺戮RP主人公も面白そうですが、性格やオリジンによる皆殺しにできる十分な理由がないと徹底的にやりきれないチキンです。
 

 

 と選択肢で遊びつつ、ウィンと共にサークル内部に進んでいきます。